トンカットアリと男性ホルモン

  • トンカットアリはマレーシアなどに生息するニガキ科の一種です。
    背の低い潅木の中でもトンカットアリは細長い中型の潅木ですので
    成長すると大きくなり、高さ10メートルほどになります。
    トンカットアリは苦味を持っていますが、根部分を砕き煎じたものは
    古くから現地住民の薬として飲用されています。
    現地住民たちにはトンカットアリじゃ熱や炎症、傷などの薬効があるとして
    飲まれていますが治療以外の目的としては滋養強壮や精力剤として
    親しまれています。現地では栄養ドリンクなども人気のようです。
    古くから現地住民や、マレーシアでは滋養強壮や精力増強目的で人気でしたが
    トンカットアリは最近の研究では、男性ホルモンである「テストステロン」
    を増やす効果があることがわかったのです。
    トンカットアリには男性ホルモンの分泌を促す作用があるようです
    テストステロンはもともと男性の身体で生成されるものですが
    加齢とともに減っていきます。そこでトンカットアリで補充するというわけですね。
    正確には補充するといういうよりは補充を促すというのでしょうか、
    とにかく男性にオススメの植物なのです。、