アルギニンはアンモニアを尿酸に変換する

  • 最近精力剤などで何かと話題のアルギニン、
    アルギニンは肝臓で他のアミノ酸が変化すること
    で作られます。体内で生成されるので食事からとらなくても良いものと
    されています、必須アミノ酸(必須アミノ酸は一種類でも欠けると重大な
    栄養障害を起こす可能性があるほど大切なもの)ではなく成長期や
    怪我や病気の時に不足しがちになってしまうのでケースにより
    摂取を推進されている準必須アミノ酸です。
    ストレス環境などでも不足しがちになってしまうと言われています。
    アルギニンはアンモニアを尿酸に変換する作用があります、
    食物でとったタンパク質は代謝の過程を経て最終的にアンモニアになるのですが
    、このアンモニアはからだの細胞にとっては毒物なのです。
    またアデニンやグアニンが代謝されても、腸内細菌によってアミノ酸から
    アミノ基を取り除いても、アンモニアがでてくると言われています。
    アンモニアは血液−脳関門を通過できるため、脳神経細胞に致命的な
    損害を与える可能性があります。このアンモニアを毒性のない尿酸に
    変換するのがアルギニンなのです。こちらでは他の効能や
    アルギニンをを含んでいるサプリなども紹介されてます